月別: 2017年11月

月別: 2017年11月

現在の日本では高血圧の方が増えてきています。血圧というのは自律神経がコントロールしています。その自律神経には2つ種類があります。交感神経と、副交感神経です。

交感神経が優位になると血圧はあがります。逆に副交感神経が優位になると、血圧は下がるのです。交感神経が優位になることで、心拍数が増えて血管は収縮します。すると血圧はあがります。

交感神経は、体が緊張している状態、ストレスを感じたりしているときに優位になるのです。高血圧の方が血圧を下げるには交感神経だけではなく、副交感神経を優位にしてあげることが、必要になります。

深呼吸をしたり、半身浴をしたり、ストレッチなどをしてリラックスして血圧を下げましょう。

また、あまり甘い食べ物や、油っこい揚げ物、塩っ気のあるもの、辛いものも控えましょう、血液をサラサラにする、血中の塩分濃度を減少させることが大切です。

おすすめの血圧を下げるサプリを取り入れるのもいいでしょう。何もしないよりサプリに頼ってみるほうがずっといいです。

血圧の薬では、カルブロックなとがあります。

高血圧というのは血管に負担がかかる状態です。それは血液に粘りがあったり、血管が詰まって細くなっていなり、血管の壁か固くなっているなどいろいろな原因が考えられます。

放置していたら重大な病気になる可能性があるため早めに治療しましょう。

 

知っておきたい降圧剤のリスク。高血圧対策には高血圧サプリメント「ナットウキナーゼ」

日本人の国民病とも言われる高血圧。

脳卒中や心筋梗塞の発症にも繋がるため、放置しておくと大変危険な病気なのです。

高血圧を改善するために、病院では降圧剤という血圧を下げる薬が処方されます。しかし実はこの降圧剤、様々なリスクをはらんでいるのです。

服用中には頭痛、めまいなどの副作用が表れ、しかも無理に血圧を下げることで脳に十分な血液が行き渡らなくなり、認知症の原因になることも。

とはいえ高血圧が原因で心臓病や腎臓病を発症してしまった場合には、降圧剤の服用を止めるわけにはいきません。

そんな事にならないためにも事前の高血圧予防が大事になってきます。

そこで頼りになるのが小林製薬の高血圧サプリメント「ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット」。

納豆には血液をサラサラにする働きがあります。

このサプリメントは納豆に含まれるナットウキナーゼという酵素を豊富に配合しており、血栓を溶かして高血圧を改善する効果があるのです。

ぜひ今から一日一粒、試してみてはいかがでしょうか。